AIBOはいいなぁ

1年ぶりの更新となってしまいました。 病気になったわけではありません。 いい訳にしかなりませんが、忙しくしていました。 関係して頂いた皆様、ありがとうございます。 そんな中、AIBOを見たことから、多くの人に知らせたいと思い、ブログを書くことを思い出しました。

写真は2005年に生まれたAIBOです。 型式はERS-7(イーアールエスセブン) 展示してあったので、見せて頂きましたが、10年以上前とは思えない、動き、反応をしてくれます。 「そこに生きものがいる!」 ずっと見ていた私は、そう思い始めていました。

私たちは機械に表情(感情)があるように、感じる取る力があるように思います。 「今日は調子いいね!」なんて機械に、言葉をかけることもあります。 なぜそんなふうに感じるのか、私はその理由を知りません。 毎日、いつもその機械と一緒にいると、そう思うのかもしれません。

でもAIBOは少しの時間だったのに、機械とは思えない感じがしたのです。 「あれ、時間は関係ない? スマホはずっと一緒にいるけど、生き物と思ったことはないなぁ。 じゃあ、何がそう思わせるんだろう。」 疑問ばかりです。

私たちの周りには、これからも多くの機械が生まれてきます。 私も作りたいと思いますが、私が好きになれるものを生み出したいですね。 やっぱり目標はドラえもんです!

おすわりするAIBO