Office365とパッケージ製品はどちらがお得か?

OfficeがインストールされていないPCを購入したとき、どのOfficeを購入したら良いのか悩みます。 この記事を書いている時点では、Office2016はパッケージ製品(買取タイプ)と、毎月支払い(レンタルタイプ)の大きく2種類が販売されています。

今回は、Word,Excel,PowerPointを使うという条件で調べてみました。

  • 購入の方法
    • 一括支払い(買取タイプ)
      • 価格:37,584円
      • 商品名:Office Home & Business2016
    • 毎月支払い(レンタルタイプ)
      • 価格:972円/月
      • 商品名:Office365 Business
  • メリットとデメリット
    • 3年以上使うとき
      • 39ヶ月目から、毎月支払タイプの方が、高くなります。
    • 複数台で利用するとき
      • 買取タイプは2台まで、レンタルタイプは5台までインストールできます。
      • Macにもインストールできます。
    • 常に最新を使いたいとき
      • レンタルタイプは、新しいバージョンが発売されたとき、それを利用できます。
      • 買取タイプは、新しいバージョンを再購入する必要があります。
    • クラウド(ネット上の)ファイル置き場
      • 買取タイプは、15GBまで使える権利が含まれます。
      • レンタルタイプは、1,000GBまで使える権利が含まれます。



どちらを選択するか?

公開されている情報をみると、マイクロソフトは毎月の利用料収入に移行して行くと思われます。 WindowsOSも、近いうちにそうなるような情報が出ています。

そのため、買取タイプのお得感は少なくなっています。
ただ、Word,Excel,PowerPointを使うだけで、それ以外のサービスは無くても良いと考えるなら買取タイプがお薦めになります。 もちろん購入した時点のバージョンのままになります。

最新バージョンを利用し、マイクロソフトが提供するいろいろなサービスを、積極的に利用するならレンタルタイプが良いように思います。 レンタルタイプの場合、後から別のプランに変更できます。



注意事項

(1)記載してある内容の保証は致しません。 最後はご自身で判断して下さい。
(2)記載の情報は、2015年10月30日のものです。 ご自身で最新の情報をご確認下さい。
(3)画像は、各サービスのホームページから取得したものです。